生前相続相談・資産運用・相続税額相談のことなら、くまもと相続研究センターにお任せください。

遺言・終活のご相談

「想いを伝える」ことがよりよい相続への最大の近道

遺言の不備により、相続で家族同士が揉めてしまう場合は少なくありません。
そのようなトラブルを避けるために、法律上の要件を満たした遺言書の作成をお手伝いいたします。
また、遺言書といえば、遺産相続に関する申し渡しを伝えるもの、と思われるでしょうが、役割はそれだけではありません。
付言事項、つまり「最期のお手紙」の部分を充実させ、本人の思いをはっきり示すことで、役割を最大限に発揮するものだと考えています。
同じ意味で、ご自身の人生を整理する「終活」についてもサポートしております。
エンディングノートなどで自身がどのように人生を生きてきたかの歴史と想い、そして残される人との関わりを明確にし、伝えることで、より相続を円滑に進められるのです。
法的効果だけでなく心の部分まできちんと満たした遺言の残し方、終活の進め方をサポートいたします。

こんな方はご相談を

  • 遺言書を書きたいが、どうすればいいか分からない
  • きちんと遺産分割について筋道を立てた遺言を遺したい
  • 法律的な不備なく遺言書を作成したい
  • 特殊な遺産贈与を行いたいので、きちんと遺言で示したい
  • 事前に家族などに知られることなく、遺産の整理や遺言書作成を行いたい
  • 「終活」で身の回りを一度整理したい
  • 経験豊富な専門家が相続相談の「かかりつけ」として、あらゆるご相談に対応!
  • 096-232-8218
    お電話でのお問い合わせ/受付時間 9:00~17:00(平日)
    メールフォームからのお問い合わせはこちら
    みのり会会員様は相談料(通常2,000円)が何度でも無料!
    みのり会会員(入会・年会費無料)にご入会頂くといつでも無料で個別相談をお受け致します。
    「みのり会」詳細はこちら
×